メキシコでOL、25歳

日本育ち、メキシコで新卒就職。2年目も苦労と発見と美味しいものでおなかいっぱい。

day 829: ぱぐと夢への逃避行。

昨日はたまの有給休暇。

銀行で15分程の手続きが必要だったので。

何もわざわざそれだけのために休まずとも

朝少し遅れていけばよかったのだけれど、

最近は仕事も落ち着きやることもなく

働きたい気分でもなかったのでお休みに。

用事を済ませるために会社を休むだなんて、

就職して以降で一番大人になった気分。

 

前日の申請の際にはルールをわかっておらず、

理由の欄に銀行に行くためと記入したところ

総務のおばちゃんからお叱りを受ける。

遅刻、早退には理由付けがいるけれど

有給は権利なんだから日程の許可さえ下りれば

休むってだけ言えばいいのよ!と

理由欄も修正液で消される。

日本でもメキシコでも、理由を言わなくていい

というのは当然だとは思っていたけれど、

言っちゃだめというのは実にこの国らしい。

持てる権利は使えるだけ使えって感じ。

 

 

さて当日は休みでも一応普段通りに目が覚める。

使い切れないサルサが残っていたので、

豚の脂身CHICHARRONと煮込み同僚のお弁当に。

cookpad.com

毎日メキシコ料理を作るわけでもないし

サルサに合わせて料理を考えるのも

毎日毎日だと中々しんどいので

これだけで料理になり、サルサが片付き、

何より脂の美味しさの染みるCHICHARRONは

メキシコ人との暮らしで本当重宝する。

たいていどんなサルサと合わせても美味しい。

 

それからお見送りついでにばぐの散歩をして

朝ごはんもゆっくりしっかり食べて、 

灼熱の中お昼に銀行に行った疲れで

午後はダンガンロンパを見ながら

ぱぐまるとお昼寝をして

f:id:ovejitaroja:20190719065426j:image

(ああいうグロい話は得意ではなかった)

簡単に家事をしたら気づけば夕方。

休日はのんびり体感時間が流れるからか

一日が終わるのが本当に早い。

 

時間もあるのでたまには気合を入れた夕食でも

と思ったけれど同僚は友達と飲んで帰ってくる

とのことだったので、

自分ひとりなら簡単なものに変更。

 

蛸の唐揚げ、スペインオムレツにラタトゥイユ

どれもにんにくを倍に効かせて冷え冷えのビールで。

最高の夏の夕食。特にタコがよかった。

先日city marketで買ったイイダコだけれど

 

survivalenmexico.hatenablog.com

割と大きく身も厚く、揚げたらぷりっぷりで

下味にも負けないたこのうまみがじわり。

他店とは違って解凍時の臭みも全く無かった。

冷凍の仕方が良いのかしらね。

一緒に買った鰯も皮こそ剥ぎ辛かったけれど

身はふわりとしていて美味しかったな。

CITY MARKET、案外リピーターになりそう。

 

 

なんだかこうやって休んでみると

やっぱりメキシコでの人生は気軽だなぁ。

こちらでも仕事のプレッシャーはあるけれど

嫌になったらみんな気軽に転職をするし、

休んだりサボったりも日常茶飯事だし

まだまだ貧しさや不便さがベースの国だから

日本みたいにいい暮らしをしなければいけない

だなんていうプレッシャーがとても少ない。

働きながらも自分の生活を優先して当たり前。

何か足りなくて当たり前。

 

それ故みんな下手に頑張り過ぎないから

働く苦悩でおかしくなることもないし、

無職なことの重圧で引きこもることもない。

どんな人でも割りと気楽に暮らせる。

だから日本のようにストレスを抱えて

爆発的に他人を傷つけてしまうような

無差別な犯罪が殆どないんだなと思う。

(マフィアは犯罪が目的だからまた別。)

 

朝から放火のニュースで悲しくなったので

美味しいもののことを考えて生き延びる。