メキシコでOL、26歳

日本育ち、メキシコで新卒就職。2年目も苦労と発見と美味しいものでおなかいっぱい。

day 728: 瞬く間の春。

繁忙期があけたら春が来た。

 

連日の寒さは収まって、

まだ日によっては気候はぶれはするけれど

割かし心地のより春風が通り抜けるので

一年の中でも短い窓を開けっ放しの暮らし。

 

夜半にぱぐまるの散歩をしたり、

先日は仕事先から仕事先まで

10分間の散歩をしてみたり、

至るところで色々な色を目にするようになった。

 

近所の公園

f:id:ovejitaroja:20190409082131j:image
f:id:ovejitaroja:20190409082141j:image
f:id:ovejitaroja:20190409082159j:image

 

高速の路肩
f:id:ovejitaroja:20190409082149j:image
f:id:ovejitaroja:20190409082136j:image
f:id:ovejitaroja:20190409082126j:image

車移動の多い普段には見過ごしてしまう光景。

路ばたの花、そして今年最初のハチドリ。

f:id:ovejitaroja:20190409082327j:image
f:id:ovejitaroja:20190409083222j:image
f:id:ovejitaroja:20190409082320j:image

f:id:ovejitaroja:20190409082335p:image

 

意外と鳥のさえずりも聞こえる。

バードウォッチングで世界を駆け巡っている

素敵なお客様の話を聞かなければ忘れていた。

南部のような色とりどりの華やかさはないけれど、

乾燥したコンクリートジャングルモンテレイ

ぱぐまる目線で見てみると、濃い緑の香りがする。

 

写真は撮れなかったけれど

サンペドロの入り口のJacarandaもきれい。

 

そんなぱぐまるは春を迎えて初めての発情期。

なんだか体の形が変わったなと思っていたら

ぱったりと無駄吠えをやめて、日がな一日うろうろ。

猫のように夜通し鳴くようなことがなくて助かる。

これで正式に仔犬期を卒業なのね。

やってきたときからもう赤ちゃんではなかった分

この5ヶ月で特に変化はないと思っていたけれど

写真を見てみればあの頃は未だ赤ん坊の顔。

毎日一緒に過ごしていて、

気付かないうちに成長している。

親は子供の成長に気が使いないという決まり文句は

そうは言っても大げさなものだと思っていたけれど、

本当にこれっぽっちも気がつかなかったなぁ。


f:id:ovejitaroja:20190409083300p:imagef:id:ovejitaroja:20190409083250j:image

少しづつ大人になるぱぐまると、

よりよい関係を築いていけるといい。