メキシコでOL、24歳

日本の大学を出てなぜか一直線にメキシコで新卒就職。どうやって生きていくのかな、という報告。

day 277: ごはん食べて、元気出して。

近頃迷惑電話がかかってくる。

私の会社の電話番号がAGUASCALIENTESという

南の地域のものなのだけれど、その辺りから。

2,3回連続でかかってきて、流れるのは音楽だけ。

 

小さなころにも実家の電話にひくーい声の男性が

時々どやしつけるが、ほとんど黙っているという

不思議な迷惑電話がかかっていた時期もあったけれど、

こういうのは迷惑というよりも、とっても不気味。

もうかかってこないといいなぁと、思う。

 

 

さて、今日も快晴。嬉しい。

年明けにはまた雪が降ったとは思えないほど

モンテレイの天気は変わりやすい。

雨が降れば凍えるほど寒くて、

太陽が出ていれば暑い。

それはそれは分かりやすい性格。

今週も、最低気温に比べて

最高気温の移り変わりが激しい。

 

f:id:ovejitaroja:20180110093032j:image

 

というわけで最近の買い物は

モンテレイ暮らしに欠かせないクリーム類ばかり。

今までは何もしなくても平気な人のほうが偉い。

というような謎の思考を持っており

肌が乾燥する冬に少しケアをするくらいだったけれど、

ほぼ毎日新しいお客様に合う仕事につき、

自分のイメージも商売に関わるんだなと気付いてからは

手入れをすることの必要性に気がついた。

 

少しの予防をする努力をするだけで

明日の綺麗を少し保てたり、

醜くなる未来を少し遠ざけられるのなら

これはちゃんと自分にしてあげるべき

最低限の手入れだろうと。

もう、手間をかけなくても若いだけで

なんとなく素敵に見える

そんな学生時代は終わったのだと、

今頃になって気がついた。

そして少し手入れをすればまだ

まあまあ素敵といってもらえる

そんな若さが在るうちに

それをしっかり謳歌するべきだろう

というような考えにも思い至った。

大学にはいり先輩たちを見て

進化していく人が多い中で

遅いとは思うけれど、今気付けてよかった。

 

というわけで肌がアルコールや薬品に敏感なので

香料も添加物もたっぷりの外国の化粧品選びには

いつも苦労をしているけれど、

今のところのベストはこんなところ。

 

香りがないほうがいい日の体全体に使えるニベア

f:id:ovejitaroja:20180110093143j:image

 新発売、顔用と欠いて在るのに興味を持ち、購入。

普通のニベアよりも少しさらっと感じる。

何より香りが抑え目なのが気にならなくていい。

塗り終わった後にはほとんど分からないくらい。

 

それからもうひとつボディバター。

f:id:ovejitaroja:20180110093215j:image

日本でも若い子がよく買うTHE BODY SHOP

自然派なだけあり、今のところかぶれない。

今回買ったココナツバターは、商品の中でも

特に乾燥した肌用とのこと。

FOR VERY DRY SKINってかいてある・・・。

朝塗れば夕方まで肌がとってもしっとりして感じる。

香りもココナツだけど甘ったるくなくて素敵。

 

それから日焼け止めにまたニベア

f:id:ovejitaroja:20180110093401j:image

日本でもそうだけれど、やっぱり子供用が一番。

敏感肌用ともかいてあって、ちくちくしない。

粘りのあるクリームだけれど白くはならなくて、

化粧した時に直接使っても肌荒れせず、

しっとりしてる。

真夏の日焼けにはこれでは足りないだろうけれど、

私としては十分。

 

あとはヘアオイルのお気に入りはHASK。

アメリカのメーカーらしい。

海外あるあるなのだけれど、

メキシコもやはり日本と少し水質が違うので

いつも通りの手入れでは髪が痛んでしまい。

そんな中お友達がお勧めしてくれたのがこれ。

一本18MLと小さく、どこにでも持ち歩けて便利。

今までは旅行の時には

シャンプーセットを持ち歩いていたけれど

今はかさばらないようにこれだけ。

どんなギシギシのシャンプーを使っても、

髪を乾かす前に塗ればよい調子に元通り。

f:id:ovejitaroja:20180110093553j:image 

唯一の欠点は蓋がとっても外れやすいこと。

今までに2度ほど、かばんの中に油をぶちまける

という悲劇を経験いたしました。

といっても、無造作に車のトランクに入れたり

よっぽどじゃなければ大丈夫そうだけれどね。

またそのお陰で、買いなおす度に違う油に。

4種類のうち3つ試してみました。

 

青い蓋のアルガンオイルは爽やかなレモンのような香り。

全体的に有効で、一番つやが出るといった感じ。

 

金の蓋のマカダミアオイルは甘いクッキーのような香り。

髪が梳かす前からまっすぐになるほどさらさらになる。

今回買ったのはこれ。

 

桃色の蓋のココナツオイルは、まろやかなココナツの香り。

アメリカ大陸の香料はセンスが悪いものが多いのに、

ココナツに関しては甘ったるい日本のものよりも

いつも感じがいいように思う。

髪がしっとりとして、

毛先までしっかりと束でまとまる。

香りと使用感をあわせて、今一番のお気に入り。

 

後は銀の蓋のケラチンオイルがあるので

これはまた次の機会に買ってみようと思う。

 

 

他に最近買ったものといえば本ばかり。

BARRIO ANTIGUOの古本屋台で見つけたけれど

どうやら定価より高く買わされている気も。

それでも本はタイミングだと思うので、

面白そうと思ったら買ってしまう。

 

 f:id:ovejitaroja:20180110093721j:image

ずっと読みたかった

コロンビアの巨匠ガルシア・マルケス

『予告された殺人の記録』

ミステリ好きなら基本から読もうと

エドガー・アラン・ポー選集』

 f:id:ovejitaroja:20180110093746j:image

折角モンテレイに住んでいるので

モンテレイの歴史』と

メキシコ全体の歴史はもっと面白そうなので

『YO MOCTEZMA』の4冊。 

 

どれも面白そうな内容なので、

きっと読むのに時間はかかってしまうけれど、

感想なりまとめなりを残せたらいいな。

 

 

そんな今日も家に帰って、

ゆっくりパズルと読書な火曜日の夜。