メキシコでOL、24歳

日本の大学を出てなぜか一直線にメキシコで新卒就職。どうやって生きていくのかな、という報告。

day:52 そしてエキゾチックは旅に出る

敗走から二晩経ったモンテレイの街は
すでに復活を遂げた気がする。
決勝2日目は外にみにいくこともなかったため
有料チャンネルを契約していない私たちは
ネットでのみその結果を知る。

さすがに昨日の職場には
いつものように無駄な元気のある虎の子は
私だけだったようだ。

だけど今日からは
次の優勝に向けてまた応援せねばね。


さあ、近頃できる仕事が増え、
ブログを書く時間が減る。

嬉しいのだけれど、若干寂しい。
私の近況を気にしてくれている父よ、ごめん。

最近は元気。
2日文のつもりで作った生姜焼きを
ペロリと1日で食べてしまったのが
少しショックだったが。
たっぷりと生姜とニンニクを効かせた
私の生姜焼きは少し甘い。
甘辛く煮た玉ねぎも、絶品。

おもえばメキシコにきてから
ニンニクを口にするのは初めて。

この国の人々は、
辛味と酸味をとてもよく好む。
たとえば

唐辛子
レモン(ライム)

ご飯もお菓子も総じてこの味。

そのわりに、

わさび
からし
にんにく

の辛味はあまり好まないようだ。

また、匂いの強いものもあまり見かけない。
たとえば

胡椒
にんにく

メキシコ人の鼻は敏感なんだろうか。

方や私はニンニクと戯れる週末。

 

f:id:ovejitaroja:20170531001819j:image

 

16玉のニンニクをひたすら剥き

 

 f:id:ovejitaroja:20170531001839j:image


ひたすらみじん切り
ジップロックに収納
板状にのして冷凍庫へ。

 

あまりに指先に臭いが染み付いてしまったので

この後の写真撮影は断念。

 

しかし調理時には手でおるだけですぐに使える。
時間のない平日の夕食作りにはとても重宝。

どこかのインターネットで見かけた生活の知恵。

しかし、ニンニクとは強力なもので
作業中ずっと触れていると指先が痺れ
ヒリヒリとした痛みを感じ
まともにものをさわれないほどに。

結局3時間かけて終わらせた頃には
指の皮は硬くなり
火傷をした時のように痛み
今日になったらべろりと
指中の皮が剥けてしまった。

なんて刺激物。
しかし、久しぶりの香りと辛味に
エネルギーが満ち満ちていくのを感じる。

 

さあ、今日は遠くのお客様に会いにいく。
遥か200キロ北の町Fronteraへ。 

 

f:id:ovejitaroja:20170531002449p:image

 

地図の予想で2時間半ならば、
メキシコの道路環境と交通状況を鑑みると
3.4時間といったところか。

Fronteraとは、フロンティア。
つまりは国境のこと。
首都から1000キロも北に上がると
アメリカがとても近い。

同僚曰く、
なにもない小さな町とのこと。

それでも私は、
初めて見るメキシコの田舎町に、
ドキドキしている。

 

そういえば、

にらの家族が増えました。

 

f:id:ovejitaroja:20170531002127j:image

 

みょうがちゃんもすくすく育ってる。

今日こそ写真を撮らねば。