メキシコでOL、24歳

日本の大学を出てなぜか一直線にメキシコで新卒就職。どうやって生きていくのかな、という報告。

DAY 48: タイガースを応援するという挑戦

5月25日。晴れ。

 

昨日はサッカーのメキシコリーグ

 

勝戦第一日目

 

東京に住んでいたころも、

バルセロナに住んでいたころも、

あまり真剣にシーズンを通してみることがなく

いまだにルールもシステムも

よくわかっていないスポーツ、サッカー。

 

こちらでは決勝試合はホームとビジター

それぞれでやるらしい。

 

グアダラハラChivas対北モンテレイLos Tigres

 

英語で言えばThe Tigers

日本語で言えば阪神

競技は変われどライオンとツバメを信奉する私には

なんともつらいシンボルマーク。

 

 さて、初日はこちらでの試合。

昼間から車が信号待ちで止まるたびに

どこからともなくグッズ商人が

両手に旗、

頭には山ほどの帽子、

首吊り状態で売られる選手のぬいぐるみたち。

まるでお祭り騒ぎ。素敵。

 

ホームスタジアムを有するUNAL、

つまりヌエボレオン自治大学のお膝元、

モンテレイ北部のサンニコラスでは

朝からなんだか道行く人がそわそわとしていた。

 

きっと向かいのサッカー一家

今日も眠らぬ夜をすごすのだろう。

 

方やルームメイトとバルで観戦。

ビールの醸造所を併設したレストラン。

店名のLA SIERRA MADREは

モンテレイを囲む山脈のうちのひとつからいただいたもの。

 

8種類もある地ビールから、

こくと甘みの強いレッドエールと

二杯目には軽く、バナナの香りのするものを。

なんていうんだったかな、この種類。

年はじめの小樽ビールの醸造所で

みんなでびっくりしたビールも確かにこの香りだった。

 

とは言えど、二点先取された衝撃で

実はまともに食事もできなかったのだけれど。

 

後半83,89分。

私たちはギニャックを信じていた、といったら

虫が良すぎる気もするが

とりあえずかじりついての引き分け。

 

これで今日も職場の安寧は保たれた。

 

こんな夜をすごしたら

私も一端のサンニコ市民を名乗れるだろうか。