メキシコでOL、25歳

日本育ち、メキシコで新卒就職。2年目も苦労と発見と美味しいものでおなかいっぱい。

植物のはなし

day 827: 大きな世界、小さな世界。

ワイルドなメキシコの食事情。 他の欧米諸国と通じる部分も多いかも。 1、外国の野菜はでかい。 2、生水は飲まないほうがいい 3、そこらへんに南国果実がなっている 1、外国の野菜はでかい。 海外で暮らすと最初にインパクトを受けるのは やっぱりスーパ…

day 798: ジェノベーゼと休日。

夏は家事に精を出す。 相変わらず暑くてどうしようもないので、 日光を浴びすぎてワイルドに育ったバジルを 枯れてしまう前に間引きを兼ねて収穫する。 元は国道沿いの園芸やさん適当に買った苗。 こんなにのっぽになってしまうだなんて。 日本ではバジルと…

day 758 続き: ロスカボス行記2 旅の初日のトラブル編。

予定より30分遅れてロスカボス空港(SJD)へ到着。 上空から見える焦げた大地はパンケーキの様。 待ち受けていたのは磯の香りではなく 強烈な排気ガスの匂い。 地方の国内線空港といった趣の とてもこじんまりとした空港に対して 出口付近はタクシーやら乗合バ…

day 729: この世の食神。

忙しいか料理を作っているかの人生。 気持ちに余裕が出でくると色々挑戦したくなる。 元来の冒険者気質が顔を出す。 近頃の我が家の台所。 忙しい時期にはかなり家事をサボるのが 流石メキシコ生活に無理なく馴染むだらだら人間。 一日10時間会社にいて肉体…

day 728: 瞬く間の春。

繁忙期があけたら春が来た。 連日の寒さは収まって、 まだ日によっては気候はぶれはするけれど 割かし心地のより春風が通り抜けるので 一年の中でも短い窓を開けっ放しの暮らし。 夜半にぱぐまるの散歩をしたり、 先日は仕事先から仕事先まで 10分間の散歩を…

day 480: 判定されたがりの人生。

あっという間に今年も八月。 流石に年始は遠く感じるけれど 5月頃などはつい一週間前のように感じる。 そしてこの暑さの盛りに 自宅唯一のクーラーが故障する。 すぐに大家さんに業者の人を呼んでもらうも 結局修理のためのパーツが足りないらしく 快適な生…

day 102: 慢心創痍とはこのことか

今朝は出掛けにショックな出来事がひとつ。 自分で特大級の爆弾を投げておきながらも、 人間関係が崩れていくのを見るのは辛い。 しかし落ち込んでいる暇もなく、 ようやく捕まえたuberの乗り合いタクシーは 今日に限って満員乗車。 他の人の目的地を回って…

day 95: きのう、私はパンを買う。

今日は色々な場所の話。 特産品に触れたここ数日。 火曜日。 今週もまた近郊の町SALTILLOへ。 一時間半程で辿り着ける距離にあるにも関わらず、 COAHUILA州はとても乾燥地帯。 岩山に溢れてはいるものの、 かろうじて緑の残るNUEVO LEON州から行くと、 その…

day 53: ひさしぶりの文字はひらがなが好き

さて、まずは昨日の旅から。 会社のあるアポダカ市から20分も車を走らせると 早速道の雰囲気ががらりと変わる。 だだっ広く、砂利じきで、民家の数がぱったりと減る。 そこから先は目的の町モンクローバまで国道53号線で一本。 いつかテレビで見たことのある…

day 45: ここは死地、洪水そして寝冷えする。

メキシコの水はけをなめてはいけない。 ご存知のとおりこの国には インフラ整備を進めてくれる行政などない。 二日間降ってはやんでいた大雨のおかげで 道路は見事に浸水。 そもそも穴だらけ側溝なしのコンクリートなので 簡単に推進15センチくらいに達する…

day 44: 土日はサボって寝てました

モンテレイは突然の大雨。 摂氏三十度。 湿度67パーセント。 生きていられるのが不思議なくらい、 昨日はモップがけをするだけで全身から汗が噴き出した。 さて、月曜日。 若干テンションは下がるものの、 今週は諸事情につきタクシー通勤なので 普段より…

day 41: やはり私は女なのである

普段はとっても時間がかかり、 なおかついつ来るかも、乗れるかもわからない という地獄のバス通勤なので 朝はとっても早く家を出るのだけれど 今日は同僚に送ってもらえることになったので 悠長に構えていたら 案の定渋滞につかまって遅刻。 車社会で なお…

day 36: そして日曜を楽しむ

毎日毎日書きかけて、 ようやくの投稿。 こういうことって苦手だけど、 あんまり面白いこと、 不思議なことが多いので 記録をしないことにはもったいないと 一念発起。 がんばれ私。 ・ ・ ・ 今朝は遅く目が覚めました。 と言っても8時。 昨日は地元のサッ…