メキシコでOL、24歳

日本の大学を出てなぜか一直線にメキシコで新卒就職。どうやって生きていくのかな、という報告。

働くことの話

day 222: 王様の定刻

近頃も面白いことをしているし 読んだ本のことなど書きたいことは色々あるのだけれど 文章を書くのって難しいなぁとしみじみ感じる。 伝えたいこと自体は頭に確かに在るのに 筆がのらないとちっとも文章にならない。 だらだらと、中身のないまま1000文字を超…

day 215: 天網恢恢疎にしてもらさず

そんな言葉が頭をよぎるのはどうしてだろうか。 月曜日、 喉の違和感と寒さで目が覚めたと思えば なんと冷房が稼動中。 どうしてメキシコ人はそんなに暑がりなのか。 朝会社に到着した辺りで体に違和感を感じ、 昼までには完全に発熱。 体は熱いのに、寒気が…

day 209: 幸せ者の痛みとは。

本日は非常に大きなミスをした。 業務上支障があったわけではないけれど、 連携会社との業務連絡が上手く行っておらず 向こうの社長にしこたま怒られてしまった。 この超男尊女卑の北の大地で しかも力仕事の多い部署を担当し、 女だからって手を出すなとい…

day 206: 天使の板ばさみ

アメリカ週末旅行の話を書こうと思っていたのに、 気がつけば帰国してから丸々一週間が経っている。 近頃はどうして筆が載らないと思っていたら、 おそらく本を読んでいない所為なのだ。 パソコンにばかり向き合っていると、 言語に対する関心が薄れてしまう…

day 194 : たまの息抜き、うろこ雲。

ずーっと、ずーっと更新をサボり続け 気付けば丸々一ヶ月。 大仕事や遠隔地での仕事が続き、 天気も暫く雨続き、それに加えて 新しい家探しのストレスでてんてこ舞いの一ヶ月。 親に連絡も返していなければ ろくに家の掃除もしていない。 流石に昨夜は自宅で…

day 164: 地震速報

また地震。 お昼の一時過ぎにまた揺れた様。 今回は首都メキシコシティから3時間程の PUEBLAというかなり内陸の町が震源地。 マグニチュードは7.1。 メキシコシティでは道が割れたり 建物が倒壊したり、空港も閉鎖。 あのしっかり作られた都会が 突然壊…

day 158: 熱性頭痛、夏は続く。

本当に恐ろしいことに、 少しぼっとしているとあっという間に 一週間が経過している。 何もしないまま、得ないまま 漫然と読書と仕事に埋もれていいのだろうか。 先週末は同僚が実家に帰ったので 見送った後はひさびさの 自分だけのための二日間。 帰宅後は…

day 152: お休みとるの。そう。

雨続き。 少し気持ちが持っていかれる。 週末降らなかったら、美術館に行こうと思う。 それより先ずは、どうにかして 自宅のボイラーを稼動させなければ。 昨夜は窓から降り注ぐ雨に冷たさで目が覚めた。 アメリカにハリケーンが来るこの時期は、 北メキシコ…

day 151: カフカでなくて。

近頃とんでもない頻度で腹痛を起こすのは メキシコに住んでいる限りはそんなものか、 とも思っていたのだけれど、 案外仕事のストレスが原因なのでは、と ふと思う。 私の勤め先は他の日系企業に比べ 四倍も五倍も給料は低く、休暇も少ないけれど、 もちろん…

day 150: だって、わたしおとなだし。

お腹を壊し続けた週末が明けて、 気分一新。 週末のプチ旅行から帰ってきたモンテレイは 雨のお陰でとてもひんやりとしている。 秋の訪れごっこ。 日本は九月に入ったばかりだというのに、 もう随分と涼しくなってきたと聞く。 こっちは明日にはまた暑さが戻…

day 146: りんごをかじる、何も起こらないのに。

近頃はどうしても、暇な割に筆が進まない。 おそらく引き続き本を読んでいる所為。 そしてふたたびの、体調不良。 先週末は、随分とばたばたしていた。 金曜の夜、は日本人のお客様と夜ご飯。 滅多に行かない夜のサンペドロでイタリアン。 ひっさしぶりのワ…

day 123: ウチのトラには噛み癖がある

最近は、また雨が降ったり。 ついでに停電したり。 もう三度も事務所が停電して、 雨の中、真っ暗な中、 自由時間を過ごしている今月。 新しいことを毎日している。 先週末はSPLATOON2のイベントに参加。 ケチャップ派対マヨネーズ派の合戦。 マヨネーズを愛…

day 117: 美味しい、お魚が、食べたいの!

山椒の辛味成分の名前はサンショールという、 との衝撃の事実を偶然発見してしまい、 仕事どころではない木曜日の朝。 コンピュータの情報網の中では 関連項目へのアクセスがとても簡単がゆえに 気が付けばまったく予想もしていなかった 知識を手に入れてい…

day 109: ぶらぶらとして。くらくらとして。

邪魅に見つめられながら仕事をする。 ああ、心行くまで本が読みたい。 さて、今週は珍しく 町のいろいろな場所へ連れ出してもらっている。 昨日はあまりの暑さで ついにアイス屋さんへ駆け込む。 HELADOS SULTANA 緑の看板に、さくらんぼのマーク。 日本で言…

day 108: 煩悩的スタート

昨日は月曜日にもかかわらず、うきうきで出勤。 先の土曜日に日本人の先輩方とお知り合いになるために 会社のあるAPODACA市では一番大きい商業施設 PASEO LA FEへ。 その際に付き合っていただいて、 約3ヶ月ぶりに洋服や化粧品などのお買い物。 丁度セールを…

day 95: きのう、私はパンを買う。

今日は色々な場所の話。 特産品に触れたここ数日。 火曜日。 今週もまた近郊の町SALTILLOへ。 一時間半程で辿り着ける距離にあるにも関わらず、 COAHUILA州はとても乾燥地帯。 岩山に溢れてはいるものの、 かろうじて緑の残るNUEVO LEON州から行くと、 その…

day 93: 目まぐるしく叫び合う

なんだか今週末は薄ら寒かった。汗一粒流さないで目覚めた今朝。乾季に入って、湿気が減ってきたのだろうか。そろそろ朝くらいはガスボンベを点火した方がいいかもしれない。 そんな月曜日でも、週末を振り返る。 金曜日、一年ぶりの七夕。我が家では両親の…

day 90:ばうばう、あいむほーむ

近頃コンビニでばかり牛乳を買っている。 割高だけれど、仕事終わりにはどうしても 一足伸ばしてスーパーまで行くのが億劫に感じて。 ハイヒールだからかなぁ。 スニーカーの日は、無意味に寄り道をしたくなる。 今日だけありものでしのいで、 明日の土曜日…

day 89:ぐちゃぐちゃのぐちゃ

昨日の夜からプライベートはぐちゃぐちゃ。 ふと人間関係の整理を思い立ち 試みたものの結果は思わぬ方向へ。 お陰でほとんど眠れぬまま 今朝も始業前に重い話し合い。 会社に着いたときにはくたくた。 こんな日に限って仕事も仕事でぐちゃぐちゃ。 すぐ謝っ…

day 82: 今日は火曜日、明日は金曜日。

知らないうちに80日の大台を突破している。 この頃ちっとも近況報告が出来ていなかった。 書きたいことは山ほどあって、 むしろ面白いことがありすぎて、 気がついたら一日が終わっている。 先週末の誕生日会では、 プールの中で酔った同僚に肩車をされ、 同…

day 76: 生き別れの姉妹、だったりして。

今朝は小林真央さんの訃報を聞いて びっくりしたり。 メキシコにいると全然入ってこない日本のニュース。 それでも沢山の人がインターネットで触れていたり、 なんとなく友達との間で話題に上っていたのは この人の話題だったような気がする。 特に意識しな…

day 68: 我、チャモイの使者、再び

といいつつ3度目の登場チャモイ。 おとといのチャモイは粉チャモイ。 本日の昼食はお弁当の焼きそば。 つっかり唐辛子中毒患者となり、 焼きそばにも真っ赤なサルサをかけて食べる。 合う。とても美味しい。 ラー油よりは油っこさが無い分辛味が際立つ。 し…

day 62: みんなのらいぬ

思うに、昨日の私はどうやら機嫌が悪かったようだ。 ひさしぶりに、一日中午後からイライラ。 メキシコに来てから今まで、 そういえば随分と陽気にすごし続けてきたようだ。 中の良い同僚に皮肉を言ってしまったり、 自分の仕事にため息をついてしまったり、…

day 61: お前には地獄がお似合いか

激務の同期のお手伝いで ひさびさに翻訳作業をする。 たった一枚の法律文章。 用語の難しさや、一分の長さに舌を巻くが、 それ以上に、愕然とするほどに スペイン語力が落ちている。 通りでモンテレイの人々の言葉を 理解できるようにならないと思った。 こ…

day 60: 恐怖の銀行と、私は裸で晒し者にされる

気がつけばもう60日。 メキシコでの生活は、 思っていたよりも飛ぶように過ぎている。 仕事の忙しさからなのか、 社会人とは得てしてそういうものなのか、 それとも、こちらの生活には 毎日刺激が溢れているからなのか。 さて、今日だって 頼んでもいないト…

day 59: お腹が減った。チキンライス。

寝坊。 8時半には始業なのに。 8時にはいつものOxxoで待ち合わせなのに。 どうして目が覚めたら7時57分なのか。 また、どうして寝坊すると、 朝一番からあんなに大声が出せるのか。 急いでuberを頼み家を飛び出る。 車が来るまでの5分間で 何をして、…

day 55 : やはり自然はときめきに満ちている

今日もお仕事。 昨日の深酒が抜けず、朝から頭痛と倦怠感にさいなまれる。 飲みすぎると指先がしびれるのは本当にまずい。 外回りに行くのにも、体と気持ちがついていかない。 と、挫けそうになった矢先、 世にもキュートな動きに目がとまる。 ハチドリじゃ…

day 53: ひさしぶりの文字はひらがなが好き

さて、まずは昨日の旅から。 会社のあるアポダカ市から20分も車を走らせると 早速道の雰囲気ががらりと変わる。 だだっ広く、砂利じきで、民家の数がぱったりと減る。 そこから先は目的の町モンクローバまで国道53号線で一本。 いつかテレビで見たことのある…

day 46: メキシコ人はラムネの飲み方を知らない

ニラの新芽が4本になる。 連日の雨のおかげで今日はとても涼しい。 昨日は澄んでいた空気も、 一雨降るくらいでは保てないようで、 町にあふれるちりと謎の汚染物質は 山をまた霧の向こうに隠してしまった。 昨日のテラスでの誕生日会では 突然の大雨に、み…

day 45: ここは死地、洪水そして寝冷えする。

メキシコの水はけをなめてはいけない。 ご存知のとおりこの国には インフラ整備を進めてくれる行政などない。 二日間降ってはやんでいた大雨のおかげで 道路は見事に浸水。 そもそも穴だらけ側溝なしのコンクリートなので 簡単に推進15センチくらいに達する…