メキシコでOL、24歳

日本の大学を出てなぜか一直線にメキシコで新卒就職。どうやって生きていくのかな、という報告。

day 286: 神様は何でも出来るし、つまらないだろうな。

昨日は驚きの一日だった、 と形容して良いような水曜日。 お昼ごはんを忘れたところに丁度 年末ぶりに出社の上司から食事のお誘いがかかる。 ラッキー。上司と先輩と三人、うきうきで向かう。 不在だった間のお土産話をたんと聞かせてもらうが 日本で食べた…

day 285: 弱音と一緒に吐き出してしまえと思う。

先週の最高気温が30度かと思ったら 今朝はマイナス2度の世界で目を覚ます。 西と東、どちらの風が入ってくるかで くるくる変わる気候にも大分慣れてきたみたい。 張り詰めた空気に体はピリッとするけれど 何とか布団からの脱出には成功。 先週の木曜日からは…

day 279: お守りを買いに行きたいなぁ、と思う。

お正月休み(通常の三連休)が明けて 日本人は皆年始は日本に帰ってしまっているため すっかりお客さんがいなくなった町で 仕事のない出勤を楽しめると思ったのも束の間。 今週に入った途端に、続々仕事が入ってくる。 好きなことが出来ると思っていたのだけ…

day 277: ごはん食べて、元気出して。

近頃迷惑電話がかかってくる。 私の会社の電話番号がAGUASCALIENTESという 南の地域のものなのだけれど、その辺りから。 2,3回連続でかかってきて、流れるのは音楽だけ。 小さなころにも実家の電話にひくーい声の男性が 時々どやしつけるが、ほとんど黙って…

day 276: 目玉の裏側。

スロウスターターな今年。 週末にかけてゆっくり過ごしたら 大分また気持ちに余裕が持てる様になってきた。 土曜日 ひさしぶりに正午前まで睡眠。 朝から卵のタコスを作ってもらいご機嫌。 同僚はこれしか作らない分、とても美味しく作る。 炒飯のみを極めた…

day 273: 不健全燃焼。

あけましておめでとうございます。 2018年は怒りのパワーで迎える。 年末からイライラしてばっかりだ。 自分でも少しおかしいと感じる。 引っ越しだったり年末の挨拶行脚で 自分の時間がろくに取れていないことが原因だろうか。 人の行動の粗に目くじらを立…

day 236: うかされるでもなく、うなされるでもなく

前回の投稿が二週間前なことを知り、 来月の目標は1週間に2度はブログを書こうと そう決めた11月晦日。 書きさしの書評たちが次から次へ堆積していく。 さて、最近の良いこと。 その1 一ヶ月以上壊れていた事務所のwifiが 突然にしてようやく復旧する。 日本…

day 222: 王様の定刻

近頃も面白いことをしているし 読んだ本のことなど書きたいことは色々あるのだけれど 文章を書くのって難しいなぁとしみじみ感じる。 伝えたいこと自体は頭に確かに在るのに 筆がのらないとちっとも文章にならない。 だらだらと、中身のないまま1000文字を超…

day 215: 天網恢恢疎にしてもらさず

そんな言葉が頭をよぎるのはどうしてだろうか。 月曜日、 喉の違和感と寒さで目が覚めたと思えば なんと冷房が稼動中。 どうしてメキシコ人はそんなに暑がりなのか。 朝会社に到着した辺りで体に違和感を感じ、 昼までには完全に発熱。 体は熱いのに、寒気が…

day 209: 幸せ者の痛みとは。

本日は非常に大きなミスをした。 業務上支障があったわけではないけれど、 連携会社との業務連絡が上手く行っておらず 向こうの社長にしこたま怒られてしまった。 この超男尊女卑の北の大地で しかも力仕事の多い部署を担当し、 女だからって手を出すなとい…

day 206: 天使の板ばさみ

アメリカ週末旅行の話を書こうと思っていたのに、 気がつけば帰国してから丸々一週間が経っている。 近頃はどうして筆が載らないと思っていたら、 おそらく本を読んでいない所為なのだ。 パソコンにばかり向き合っていると、 言語に対する関心が薄れてしまう…

day 194 : たまの息抜き、うろこ雲。

ずーっと、ずーっと更新をサボり続け 気付けば丸々一ヶ月。 大仕事や遠隔地での仕事が続き、 天気も暫く雨続き、それに加えて 新しい家探しのストレスでてんてこ舞いの一ヶ月。 親に連絡も返していなければ ろくに家の掃除もしていない。 流石に昨夜は自宅で…

day 164: 地震速報

また地震。 お昼の一時過ぎにまた揺れた様。 今回は首都メキシコシティから3時間程の PUEBLAというかなり内陸の町が震源地。 マグニチュードは7.1。 メキシコシティでは道が割れたり 建物が倒壊したり、空港も閉鎖。 あのしっかり作られた都会が 突然壊…

day 162: メキシコから独立とか、思うところ。

この週末は、メキシコの大切なお祭りのひとつ 独立記念日で大いに国が沸き立った、らしい。 そんな中、北部でREGIOたちと生きる私は MONTERREYはメキシコではないのだと、 ようやくそれを体感する。 独立は、金曜の夜の叫びから始まる。 MEXICO CITYはZOCALO…

day 158: 熱性頭痛、夏は続く。

本当に恐ろしいことに、 少しぼっとしているとあっという間に 一週間が経過している。 何もしないまま、得ないまま 漫然と読書と仕事に埋もれていいのだろうか。 先週末は同僚が実家に帰ったので 見送った後はひさびさの 自分だけのための二日間。 帰宅後は…

day 152: お休みとるの。そう。

雨続き。 少し気持ちが持っていかれる。 週末降らなかったら、美術館に行こうと思う。 それより先ずは、どうにかして 自宅のボイラーを稼動させなければ。 昨夜は窓から降り注ぐ雨に冷たさで目が覚めた。 アメリカにハリケーンが来るこの時期は、 北メキシコ…

day 151: カフカでなくて。

近頃とんでもない頻度で腹痛を起こすのは メキシコに住んでいる限りはそんなものか、 とも思っていたのだけれど、 案外仕事のストレスが原因なのでは、と ふと思う。 私の勤め先は他の日系企業に比べ 四倍も五倍も給料は低く、休暇も少ないけれど、 もちろん…

day 150: だって、わたしおとなだし。

お腹を壊し続けた週末が明けて、 気分一新。 週末のプチ旅行から帰ってきたモンテレイは 雨のお陰でとてもひんやりとしている。 秋の訪れごっこ。 日本は九月に入ったばかりだというのに、 もう随分と涼しくなってきたと聞く。 こっちは明日にはまた暑さが戻…

day 146: りんごをかじる、何も起こらないのに。

近頃はどうしても、暇な割に筆が進まない。 おそらく引き続き本を読んでいる所為。 そしてふたたびの、体調不良。 先週末は、随分とばたばたしていた。 金曜の夜、は日本人のお客様と夜ご飯。 滅多に行かない夜のサンペドロでイタリアン。 ひっさしぶりのワ…

day 138 (シティ旅行記2日目) : 巨像の墓

二日目の朝はゆっくりと始まる。 折角の観光なので色々回りたい気持ちもあるが、 心と体をリフレッシュさせる旅行でもあるので 眠気の方が優勢勝ち。 ひさしぶりの寝汗にうなされることのない目覚め。 とても気持ちがいい。 標高が高いのはいいことね。 二日…

day 137 (シティ旅行記1日目): 約900mlの愛情

思えば2週間ほど更新していなかったので 母親から筆を取れとの連絡が。 12,13日と週末にかけて メキシコシティへ旅行へ行ったせいでか 先週はなんだかくったりと。 しかし、3ヶ月ぶりに同期と過ごせたり 念願のシティ観光が出来て、心底大満足。 朝五…

day 123: ウチのトラには噛み癖がある

最近は、また雨が降ったり。 ついでに停電したり。 もう三度も事務所が停電して、 雨の中、真っ暗な中、 自由時間を過ごしている今月。 新しいことを毎日している。 先週末はSPLATOON2のイベントに参加。 ケチャップ派対マヨネーズ派の合戦。 マヨネーズを愛…

day 117: 美味しい、お魚が、食べたいの!

山椒の辛味成分の名前はサンショールという、 との衝撃の事実を偶然発見してしまい、 仕事どころではない木曜日の朝。 コンピュータの情報網の中では 関連項目へのアクセスがとても簡単がゆえに 気が付けばまったく予想もしていなかった 知識を手に入れてい…

day 116: 今日は胡桃でおなかが膨れる。

グルメウィークも終わり、 色々食べるばかりでちっとも報告していなかったので、 ざっくりと最近の食べ物ばなし。 木曜日、 そんなにお給料ももらっているわけではないので 毎日二食の外食は懐に響く。 というわけで、この日はインスタントに挑戦。 まずはイ…

day 115: そう、私はピュ-マよ。

アイヌ料理漫画ゴールデンカムイが 何故かアニメ化すると聞き、 予想外なニュースに心底驚いてから一夜。 始めのうちこそこの日が来たと喜んだけれど、 時間が経つに連れ、するすると嬉しさが引き 不安がヒグマの様に首をもたげてやってくる。 どこまで放送…

day 110: 怒りに任せてタコスをちぎると。

毎度毎度、記事の日数を書くだに こんなに日数がたっているのかと恐ろしくなる。 100日住んでいてもまだこんなに新しいものがある。 生活って、奥深い。 さて、食べ歩きウィーク3日目はホットドッグ。 あるいはHOCHOS。 こっちの人はホチョスって言うみたい…

day 109: ぶらぶらとして。くらくらとして。

邪魅に見つめられながら仕事をする。 ああ、心行くまで本が読みたい。 さて、今週は珍しく 町のいろいろな場所へ連れ出してもらっている。 昨日はあまりの暑さで ついにアイス屋さんへ駆け込む。 HELADOS SULTANA 緑の看板に、さくらんぼのマーク。 日本で言…

day 108: 煩悩的スタート

昨日は月曜日にもかかわらず、うきうきで出勤。 先の土曜日に日本人の先輩方とお知り合いになるために 会社のあるAPODACA市では一番大きい商業施設 PASEO LA FEへ。 その際に付き合っていただいて、 約3ヶ月ぶりに洋服や化粧品などのお買い物。 丁度セールを…

day 103: 小人たちのストレスと大きな喜び

メキシコ人男性といえば、浮気性で名高い。 否、誇るようなことではないから、悪名高い。 同僚たちを見ていると、それをしみじみと感じる。 掃除のおばさん曰く、男なんてみんなそうで 女たちは馬鹿だから許してしまうらしい。 うーん、分かるけれど。 分か…

day 102: 慢心創痍とはこのことか

今朝は出掛けにショックな出来事がひとつ。 自分で特大級の爆弾を投げておきながらも、 人間関係が崩れていくのを見るのは辛い。 しかし落ち込んでいる暇もなく、 ようやく捕まえたuberの乗り合いタクシーは 今日に限って満員乗車。 他の人の目的地を回って…