メキシコでOL、23歳

日本の大学を出てなぜか一直線にメキシコで新卒就職。どうやって生きていくのかな、という報告。

day 123: ウチのトラには噛み癖がある

最近は、また雨が降ったり。

ついでに停電したり。

もう三度も事務所が停電して、

雨の中、真っ暗な中、

自由時間を過ごしている今月。

 

新しいことを毎日している。

 

f:id:ovejitaroja:20170810072725j:image

 

先週末はSPLATOON2のイベントに参加。

ケチャップ派対マヨネーズ派の合戦。

マヨネーズを愛しながら赤組に放り込まれた私。

 

f:id:ovejitaroja:20170810072757j:image

 

初めてで全く操作も分からず、

横から同僚に罵倒されながらもチームの力で勝利

お味噌が居ても勝てるんだから、上手い人はすごい。

 

現在鋭意練習中。

視点コントローラーがゲームキューブと反転なので

なかなか思うように操作が出来ずに

フラストレーションは溜まるけれど、楽しいかな。

 

 

変わって今週は、またやつが新しいゲームをおろす。

DOOMっていう、PS4の2016年のゲーム。

 

f:id:ovejitaroja:20170810073022j:image

 

これはとにかく気分が悪くなる。

火星の基地で悪魔を殺していく。

それはもう残虐。

画面もやり口も恐ろしい。

 

f:id:ovejitaroja:20170810073047j:image

 

FPSと呼ばれる、一人称視点のゲームの

元祖がこれの一作目らしいけれど、

初めてこういうタイプの生々しいゲームに出会った私には

あまりにも刺激が強かったよう。

 

しかし、銃社会の殺人件数が多い理由が

非常に良く分かり、お勉強にはなりました。

 

だって、銃で殺すのって、簡単なんだもの。

引き金を引けば、向こうで人が死んでいる。

銃は多分ものすごく、間接的な武器。

 

それに対して素手や刃物で人を傷つけると

その光景、振動、手触り、その他もろもろが

ダイレクトに自分の中にはいってくる。

きっと相手に与えている身体的ダメージと同等に

こちらも精神的ダメージを受けている。

本当、横で見ているだけでげんなりとする。

急に当事者意識が増すのだ。

 

銃で他人を傷つけることは誰にでも出来ても、

手を血に染めることが出来る人は、

限られているのじゃあないだろうか。

 

なんて、そう思いながら、

今日も悪魔殺し見学。

 

 

今週はあとは、なんだろうか。

 

とんかつを作れば

ソース派とサルサ派に分かれ

f:id:ovejitaroja:20170810073437j:image

カツサンドを作り、

f:id:ovejitaroja:20170810073529j:image

明日のお昼はカツ丼だったり。

 

やっぱり練りがらしを持ってきておいて正解だった。

お酒を飲むようになってから、すっかりからし党。

私は美味しいく食べられて幸せ。

辛さに悶絶するメキシコ人を見られたのも良かった。

普段あれだけ唐辛子を食べているのに

わさび、からしの鼻に来るものは苦手なのね。

 

 

f:id:ovejitaroja:20170810073641j:image

 

おやつにはCHUPPA CHUPUS。

ひさしぶりにBARCELONAを感じる。

ダリダリ、たまには美術館にでも行こうかしら。

 

コンビニでは三種類発見。

チョコバニラとオレンジチョコと、

同僚に奪われたイチゴクリーム。

 

オレンジチョコレートは、

予想よりは渋く、濃厚な味がする。美味しい。

 

チョコレートバニラは、想像通りのまったり味。

普通のチョコレートよりも、

ホットチョコレートに似ている。

冬が、少し恋しい。

 

そういえば、日本の幼馴染から

随分と東京が加熱されていると聞いたけれど、

これじゃあもうどこにも住めないじゃあないか。

 

 

さて、修理に出していたサンダルが帰還。

もう5年くらい履いているんじゃないかしら。

お気に入りの黒皮のサンダル。

普段から大切に磨いては来たけれど、

やはり見違えるように新品然としている。

 

f:id:ovejitaroja:20170810074121j:image

 

かかとと底、中敷を打ち直してもらって、

破れかけていたストラップの補強も。

しめて220ペソ(1364円)。

日本では確か、MISTER MINUTSで

かかとを張り替えてもらって同じ位だったか。

 

革もしっとりつるつるに磨いてもらって、大満足です。

まだまだ新しい靴のようで歩きづらいけれど、

これからも一緒に居てくれると思うと

とてもわくわくする。

革のブーツも、冬が始まる前に修理に出そう。

 

 

職場のパソコンのスタート画面も

可愛く一新したばかり。

やる気出していくぞ!なんて。

不思議と疲れの良く取れる、今週。

モンテレイは少し涼しい。

 

 

そんな今夜も、新しい挑戦をひとつ。

そして、挑戦のための買い物もひとつ。

 

お財布が軽ければ

足取りも、心も軽い。

day 117: 美味しい、お魚が、食べたいの!

山椒の辛味成分の名前はサンショールという、

との衝撃の事実を偶然発見してしまい、

仕事どころではない木曜日の朝。

 

コンピュータの情報網の中では

関連項目へのアクセスがとても簡単がゆえに

気が付けばまったく予想もしていなかった

知識を手に入れていることがあるインターネット時代。

本や紙の辞書だとどうしても億劫に感じたり、

色々な書籍を出してきて散らかしても収拾が付かないし、

そもそもどこにその情報があるかから調べてはじめて、

興味を持つだけで終わってしまうものも多かった。

パソコン、いいわね。

たくさんのことが簡単に出来てしまう分

やる人とやらない人の差は大きい。

 

まあ、そんなことはどうでもよくて、

肝心なのは神山甲殻新作は結局いつ発表なのかということ。

劇場版だったら日本まで見に戻らないとな。

 

もちろん原作が一番好きだけれど、

アニメーションなら神山監督の雰囲気がとても好き。

新作までについに押井版とARISEもみないとな。

スカーレットヨハンソンは怖いけど、どうしようか。

 

そんな、ネットの海から連想して、

唐突に甲殻機動隊のはなし。

さすがに今度の主題歌はORIGAじゃないのだろうな

というのだけが、とても残念。

 

 

さて、昨日に引き続き、

怒涛の一週間を振り返り。

 

月曜日、

我が家の近くにすし屋があるというので

同僚と探訪する。

 

f:id:ovejitaroja:20170804083103j:image

 

名前は何故かTAI-PEI。

店内の装飾も真っ赤だったり風水だったりで

かなり中国風味。

 

f:id:ovejitaroja:20170804083123j:image

 

選べるおすしとチャーハン、

それに一品と飲み物のセットをそれぞれ注文。

今回はうなぎロール。

 

f:id:ovejitaroja:20170804083148j:image

 

こちらではうなぎはもっと高価なので

本当に申し訳程度の身が顔をのぞかせている。

寂しいけれど、ほんのりうなぎ味、嬉しい。

 

ただ、問題はこのチャーハン。

そもそも米が生煮えに

なんだか不思議な香辛料の香り、

そしてとても塩辛い。

うーん、すべては食べ切れなかったな。

本当は食事を残すことは心底嫌いだけれど、

メキシコでは極端にはずれの料理が時折あるので、

そうも言ってはいられない。

体が受け付けない料理って、

やっぱり何か変だと思うのよね。

 

そしてダークホースはまさかの飲み物。

普段良く飲むタマリンドのジュースを注文。

もともと茶色い液体だけれど、今回のものは

まるでドブのように濁っている。

そして味もなんだか渋くてえぐい。

メキシコ人も顔をしかめていたので、

こちらも無理してまでは飲まず。

 

メキシコのお鮨は

生魚ではなかったり、

酢飯ではなかったり、

何故か全て裏巻きであったり、

冷たいものかフライかを選べたり、

日本のものとはかなり違うものが多いけれど、

それでも普段は割りと食べれる味ではあるので

このお店はちょっとお勧めできないかなぁ。

 

SAN NICOLAS市の

CORDILLERAS DE LOS ANDES通りにあるレストラン。

とっても家から近かったので、残念。

生魚が食べられるところを、探さねば。

 

 

火曜日、

変わってこの日は、

もっと日本でも馴染みのあるものを。

 

外回りの帰りに、STARBUCKSで休憩。

STRAWBERRY CHOCOLATE CHIPSだって。

期間限定。日本にもあるのかしら。

普段イチゴ味のものはそんなに好んでは選ばないけれど

あまりに美味しそうだったので、挑戦。

そもそもSTARBUCKS自体殆ど行かないのだけれど。

 

f:id:ovejitaroja:20170804083205j:image

 

本名を伝えても、いつもSUSANだと思われる。

 

ちなみにこの日からついに8月に突入したので

長きに渡ってサボっていたスペイン語の勉強を再開する。

 

f:id:ovejitaroja:20170804083217j:image

 

こういう言葉を使うようなお仕事。

 

 

水曜日、

火曜日に生水を大量に飲んだ生で

まんまと水あたりをする。

おなかが痛いような、張ったような、気持ち悪さ。

モンテレイの浄水システムは中南米1らしく

基本的には飲料水であり、

料理や煮沸後なら誰でも飲んではいるけれど

生水はだめよね。

水道管が古くて汚いのだから。

反省。変な病気にならなければいいけれど。

 

 

さて、あまりの日差しの強さに

ようやく腕の皮がむけてきた。

随分と乾燥してしまっているみたい。

これからは気をつけねば。

 

 

LINEのレシピブログの所為で

無性に山椒と干物を手に入れたい。

そんな朝でもある。

 

day 116: 今日は胡桃でおなかが膨れる。

グルメウィークも終わり、

色々食べるばかりでちっとも報告していなかったので、

ざっくりと最近の食べ物ばなし。

 

木曜日、

そんなにお給料ももらっているわけではないので

毎日二食の外食は懐に響く。

というわけで、この日はインスタントに挑戦。

 

まずはインスタントラーメン。

 

f:id:ovejitaroja:20170803082856j:image

 

AVENIDA FUNDADORESという

日本人が山ほど居住している地区にある

古くからの韓国食材やさんで購入。

ORIENTAL MARKETという名前だけれど

日中のものは無いのじゃないかしら。

 

作り方はいたって普通のインスタントラーメン。

魚介や辛くないものもあったけれど

今回は辛い牛出汁。

 

f:id:ovejitaroja:20170803083256j:image

 

なるほど、前ならこの辛さは食べられていないかも。

ぴりぴりと、真っ赤なスープはしっかりと辛い。

塩味は薄め。とにかく辛味が強い。

けれど割と美味しい。

 

韓国の料理や特にインスタントは

辛いだけでちっとも旨みを感じられないことがあり

そういう点では少し倦厭していたけれど、

これは辛ラーメンよりはずっと美味しい。

 

さて、夕食後の口直しはポップコーン。

 

f:id:ovejitaroja:20170803083903j:image

 

電子レンジで1分で出来上がる、塩味。

バター味も見かけた。

日本ではアルミ皿のタイプは作ったことがあるけれど

こちらは紙袋タイプ。

 

例のSPLATOON2を観戦しながらいただく。

オンラインバトル。

 

f:id:ovejitaroja:20170803082933j:image

 

大画面だとグラフィックがきれい。

大好きなゲームに感じるような

どきどきやわくわくは無いけれど

楽しそうなのはとても、伝わってくる。

 

そしてメキシコなので、

やっぱりサルサはかける。

 

f:id:ovejitaroja:20170803082908j:image

 

ポップコーンコーナーにはいつもある

ポップコーン用のソース。

辛くないタバスコのような味。

木曜日からビールが進む。

 

 

金曜日、

たった一缶じゃあ酔えるはずも無く

早起きした日の朝食は特別。

路に立つ朝タコスの屋台で購入。

 

サイズは普段よりも2回り小さくて

ひとつ2ペソの破格で販売。

トルティーヤは小麦ととうもろこしの2種類。

中身は6つの料理から選べる。

 

f:id:ovejitaroja:20170803083223j:image

 

私はいつもとうもろこし党。

同僚と二人で10個も買ってしまう。

それでもたったの20ペソ(120円)、安い。

 

ちなみに外装はおそらくお菓子の包み紙。

 f:id:ovejitaroja:20170803083200j:image

工場から大量にもらったのかしら。

昔は八百屋さんも焼き芋やさんも

みんな新聞紙に品物を包んでくれていたなと、

私の記憶しているたった20年の間にも

随分劇的に日本は変わってきているのね。

 

客先へ向かう車内で朝食だったので

サルサをかけては食べられなかったけれど

しっかりと味が付いていて、

メキシコで食べた中でもかなり美味しいタコスでした。

また、早起きせねば。

 

AVENIDA MIGUEL ALEMAN沿いにある

METALSAというメキシコの大企業の横に

朝のみちょこんと立つ小さな移動屋台。

観光客が来るような場所ではないけれど、

もし、興味があったら。

 

そして午後は外回りついでに

同僚に頼まれおつかいごと。

 

SAN PEDROのRIO GUADALQUIVIRにある

XOCLADというチョコレート菓子屋さん。

可愛い外装。ここだけ奇跡的に原宿のよう。

店内はとても小さくて、品数も少なめ。

どれもとってもおいしそうで、

ついつい全てを買いそうになる。

 

f:id:ovejitaroja:20170803083459j:image

 

ここでは曜日ごとに異なったお菓子が並び

金曜日のおすすめはオレオチーズケーキサンド。

写真を見ただけでもごくり。

 

現物はこちら。

f:id:ovejitaroja:20170803083148j:image

1切れ80ペソと、メキシコ価格ではとても高め。

さすがSAN PEDRO。お金持ちの街。

けれどその分サイズはとても一人分じゃなく、

頼まれていた分を同僚にひとつ、

自分が他の同僚と食べる用にひとつ、

先日夕食をご馳走になったので、

同僚のお母さんにもひとつ。と購入。

 

ずっしり重くて、よく冷えている。

食べてみると意外や意外、甘みはとても控えめ。

チーズとチョコレートが上手く合わさり、

濃厚なのに、口の中がしつこくならない。

お茶でもコーヒーでも会いそうな

とっても美味しいチョコレートケーキ、という感じ。

ひとつ丸々食べると途中で飽きそうなので、

やっぱり半分こにして良かった。

 

FACEBOOKで調べると、

まだまだ美味しそうな写真が出てくる。

次は何曜日に行こうかしら。

 

 

土曜日、

一週間食べ歩いた後には、運動の週末。

自宅から徒歩20分ほどのジムへ体験に。

 

f:id:ovejitaroja:20170803083304j:image

 

以前より通っていたルームメイトと

トレーナーのお姉さんがとても親切に

インストラクションをしてくれる。

 

ひさびさの自転車、ひさびさのランニング、

そしてひさびさの筋トレ。

とても楽しい。

 

帰り道に伝染と接触していた木が燃え始めたり、

f:id:ovejitaroja:20170803083146j:image

家に帰ってから今度は同僚が救急搬送されたりと

懸念は残ったけれども。

 

HOSPITAL NOGALARは以前私のかかった

DOCTORS HOSPITALに比べるととても小さく、

一般のメキシコ人向けの病院という感じ。

9:30に受付を済まし、診察、検査、点滴

自宅に帰ってきたのが1時過ぎ。

 

本当は再検査のための入院を勧められたけれど、

入院費20000ペソ(12万円)と聞いて無保険の彼女は帰宅。

私の一ヶ月のお給料と同じくらい。

保険に入っていなければ早々払えるものではないし、

それくらい稼いでいる人はみな保険に入っている。

 

かなり怪しいので病院にはいって欲しいけれど

こればっかりは自分自身の問題。

 

お金の有無で得られるものが極端に変わる、

メキシコの現実。

 

病院の待合ですっかり体が冷えてしまったので

遅い夕飯は温かい月見うどん。

戻した乾燥わかめも添えて。

緊張したあとに、ほっとする味。

 

 

日曜日、

さすがに心も体もくたくただったので

この日はお昼過ぎまでぐっすり眠る。

目が覚めてからも、休養の一日。

細かすぎて伝わらない物まねに感化されて

ALWAYS 三丁目の夕日シリーズ3部作を見る。

物まねを見て泣いてしまう日がこようとは。

 

昭和っていいな、日本っていいな、

少しだけ、帰りたくなるけれど

今の時代の日本に帰ったところで

その気持ちが満たされるのかは分からない。

 

私の世代は記憶のどこかに、

ぎりぎり古い日本があるのではないだろうか。

プライバシーが守られず、市民はおせっかいだった

そんな茶色い日本に帰りたいのではないだろうか。

学生時代が終わった途端に、

クレヨンしんちゃんの映画大人帝国での

野原ひろしの心情がひしひしと理解できる。

次の週末はこれを見ようかな。

 

 

あまりにも長くなったので、

今週分はまた次回。

 

明日はかけるかな、

書かねば。

day 115: そう、私はピュ-マよ。

アイヌ料理漫画ゴールデンカムイ

何故かアニメ化すると聞き、

予想外なニュースに心底驚いてから一夜。

始めのうちこそこの日が来たと喜んだけれど、

時間が経つに連れ、するすると嬉しさが引き

不安がヒグマの様に首をもたげてやってくる。

 

どこまで放送できるのかしら。

どれくらい再現できるのかしら。

大好きなだけに、その出来上がりがとても怖い。

原作ファンによくある話。

 

けれど、

ここまで新品で買い続けてきてよかったとも思う。

野田サトルさんの前作「スピナマラダ」は

打ち切りになってしまったのだと聞いた。

北海道ならいざ知らず、

アイスホッケー漫画で全国区のお客さんを集めるのは

きっととても難しいのだろう。

 

そして今度も題材はアイヌ郷土史、そして自然。

一口食べれば心底面白いテーマではあるけれど、

誰もが興味を持つような華やかさや軽さは無い。

 

だからそれを読み続けたいのならば、

お金を出す以外に方法はないと気が付いた。

作品を楽しむためにお金を支払うことで

この作品はとても価値があるからなくさないで、と

そう訴えることが読者の出来る応援だと。

 

それまでは、本や漫画は中身が楽しめれば、

どんな形で手元にあったっていいと思い、

京極堂シリーズや検視官シリーズは

すぐに読みたい新作以外はほとんど古本屋で購入していた。

何度も読み直している大切な本にも関わらず

その新品を本屋さんで買うこと自体の意味を

考えたことはちっともなかった。

この作品を必要とする人はもう一人居るよと

表明することの大切さが良くわかっていなかった。

 

買い物をすることは一種、

社会に向かって発言しているのと同じなのよね。

ある意味では、日常的に行う投票のよう。

自分のもち手は限られているからこそ、

それを消費することにはとても意味がある。

 

というわけで、8月の11巻もとても楽しみ。

きっと、友達に買ってきてもらおう。

 

 

 

 

 

day 110: 怒りに任せてタコスをちぎると。

毎度毎度、記事の日数を書くだに

こんなに日数がたっているのかと恐ろしくなる。

100日住んでいてもまだこんなに新しいものがある。

生活って、奥深い。

 

 

さて、食べ歩きウィーク3日目はホットドッグ。

あるいはHOCHOS。

こっちの人はホチョスって言うみたい。

何でもかんでもメキシカンな。

 

f:id:ovejitaroja:20170728081310j:image

 

我らがSAN NICOLASにある細長い公園

REPUBLICA MEXICANA沿いにある有名店。

HOCHO CHUCHO。

昼間は店舗のタコス屋さんで、

夜になってからお店の前にホットドックの屋台が出る。

 

f:id:ovejitaroja:20170728081342j:image

 

はさめるソーセージは色々。

七面鳥に牛、チーズ入り、それからベーコン巻き。

トッピングもメキシコではベーシックな

トマトとたまねぎに加えて、

煮豆のペースト、唐辛子、カリカリベーコン

チーズ、ピクルス、コーン・・・。

ソースはチーズ、ケチャップ、マスタードにマヨネーズ。

 

日本ではあまり見られないようなバリエーションの多さ。

迷った末に今回は

 

七面鳥のソーセージのベーコン巻き

たまねぎ・トマト・コーンにピクルス

マスタード

 

のベーシックスタイル。

ドイツでホットドッグを食べて以来、

私はマスタード原理主義

ああ、ドイツのぱりぱりソーセージが食べたい。

 

f:id:ovejitaroja:20170728081402j:image

 

暑さのひどいモンテレイだけれど、

外で楽しく食事をしていると

夜の暑さが和らいだように感じる。

 

お会計は二人で115ペソ、

やっぱり安い屋台料理。

 

f:id:ovejitaroja:20170728081412j:image

 

ご馳走様でした。

 

 

 

変わって今日は朝から強い日差し。

 

 

朝からの外回りではすっかりくたくたになり

栄養補給にひまわりの種をもらう。

・・・のはいいのだけれど、ちっとも上手く食べられない。

口の中がぼろぼろになったからだらけで、

なかなかお目当ての種にたどり着かず。

 

f:id:ovejitaroja:20170728081438j:image

 

お昼ごはんは例のPIYO PIYO POLLOを買おうと

わざわざ遠出をしたので、

客先からお店までの1時間以上の道のりでひたすらかじり、

事務所に帰り着いた頃には剥き方も習得。

充実のドライブ。

 

ちなみに今日のお昼ご飯用には

PROMOCIONとして出ていた足8本セットを購入。

モモ肉4枚に手羽元も4つ。

今日は焼きたまねぎ10ペソもつけたので 

しめて75ペソ。

とても食べきれる量ではないので、

明日のお昼は鶏のサンドイッチ。楽しみ。

 

 f:id:ovejitaroja:20170728081456j:image

 

こっちのお肉は美味しいけれど

やっぱり旨やささみの焼いたのはあまり好きではないので

このセットはなかなかいいなと、

PIYO PIYO、気に入る。

 

 

そういえば先週末以来随分と盛り上がっているけれど

splatoonの面白さが見ている限り、私には分からない。

 

f:id:ovejitaroja:20170728081527j:image

 

やってみようとは思うのだけれど、中々手が出ない。

どうせ撒くのなら、水を撒くほうが面白かったな。

スーパーマリオサンシャイン、今でも一番好きなマリオ。

画面と音楽がきれいで、本当にいつまでもやっていられた。

今でも浜辺で寝るときにはつい聞いてしまうメインテーマ。

 

ゲームキューブ好き、回顧厨?

 

 

それにしても、もう週末か。

明日はずっと滞っていた仕事がひとつ、

とても進みそう。本当にうれしい。

それが空けたらお休みだ。

日本の友達と、先週できなかった電話の予定。

とっても楽しみ。

新卒の友達はみんな、それぞれもがき頑張っている。

 

私も、こんなに大きくメモをしたのだから

 

f:id:ovejitaroja:20170728081606j:image

 

給油くらい忘れない大人になりたい。

 

 

 

その前に

今日は、今日はまっすぐ帰れるのかしら。

洗濯物が溜まってる。

夜も洗濯機を回せるいい国、メキシコ。

 

 

知恵の輪がプチブームの職場から

以上、今日はそんな一日。

day 109: ぶらぶらとして。くらくらとして。

邪魅に見つめられながら仕事をする。

ああ、心行くまで本が読みたい。

 

 

さて、今週は珍しく

町のいろいろな場所へ連れ出してもらっている。

 

昨日はあまりの暑さで

ついにアイス屋さんへ駆け込む。

 

f:id:ovejitaroja:20170727075159j:image

 

HELADOS SULTANA

緑の看板に、さくらんぼのマーク。

日本で言うサーティーワンアイスクリームより

もっとよく町で見かける。

商業施設には必ず入っているんじゃないかしら。

 

f:id:ovejitaroja:20170727075218j:image

 

メニューはこの通り。

盛り付けてくれるものと、棒付きアイスの2種類。

カップにコーン、それからワッフルでできた器。

知らない味が多すぎて迷ってしまうが、

一回目はまずお気に入りから。

 

f:id:ovejitaroja:20170727075217j:image

 

RON CON PASAS

ラムレーズン味。

たしか30ペソ。 

アイスがピンク色で嫌な予感。

そして的中。

予想以上に強烈なアルコールの味。

本当にお酒が入っているかは分からないけれど、

ハーゲンダッツのほうが好き。

 

 

しかし変わって今日は、

朝からとっても空気が冷たい。

お昼ごろの外回りの時間になっても

車の窓をおろしていれば、十分心地いいほど。

 

今日の仕事はかろうじて午前中に終わったので

ずっといけていなかった銀行へ。

ようやく現金を手に入れて一安心。

 

メキシコの大抵のお店はVISAカード対応だけれど、

屋台のほとんどは現金主義。

いざというときのために

やっぱり100ペソは持っておきたい。

 

ちなみにメキシコのATMには入金機能はなく

お金を下ろすのみ。

昨日同僚に指摘され、初めて気付づく。

 

 

昼食はおろしたての現金で中華。

銀行の真隣の中華料理屋さんLUCKY CHEN!へ。

 

f:id:ovejitaroja:20170727075251j:image

 

ここでは一番安いもので55ペソで

ご飯かパスタにおかずが二種類選べる。

小さいといっても十分な大きさ。

本日はチャーハンに牛肉の炒め物、

鳥の甘辛く揚げたもの。

 

f:id:ovejitaroja:20170727075331j:image

 

肉にあらねば食事にあらず、

のメキシコ人の精神に習って、

すべてお肉料理か海老料理。

割と濃い味の揚げ物に偏って入るけれど

やっぱり中華は美味しいな。

 

 

 f:id:ovejitaroja:20170727075336j:image

 

おやつにOXXOの10ペソドーナッツも購入に

本日は実にご満悦。

CRISPY CREAMのドーナッツのようにしっとり柔らか。

アメリカンなドーナッツ。

ホワイトチョコと普通のチョコの二種類。

甘くて美味しいカロリーの塊。

自分でトングでとって紙に包み、レジへ。

セルフサービスはメキシコのお得意。

 

 

しかしこれだけ食べたのに

すっかりおなかがすいた6時前。

どこで体力を使っているのかなぁ。

 

人生を楽しむために必要なのは

度胸と体力

海外に出始めたときから、私はいつもそう思う。