メキシコでOL、25歳

日本育ち、メキシコで新卒就職。2年目も苦労と発見と美味しいものでおなかいっぱい。

day 565: 映画『HALLOWEEN(2018)』

特にネタバレなし。

 

 

流行のものや人に勧められたものに対して

私はちっとも抵抗感がないどころか、

新しいもの見たさにほいほいと付いて行く。

大抵のものは知らないだけで

体験してみれば何か面白がれる部分があるから。

 

そんなわけで今回同僚から見よう見ようと

公開日からずっと誘われていたのは

HALLOWEENというまさにこの時期の映画。

もう四十年も前から断続的に発表されてきた

とても有名なホラーシリーズの最新作。

公開時期も、作中の舞台もハロウィーン

仮装マスクを被り町へ繰り出し関係者を殺して歩く

ブギーマンという殺人鬼対精神科医ルーミス。

二人の攻防が続くそんなスプラッタ映画の金字塔は

監督ジョン・カーペンター出世作だとも。

今回はその第一作の40年後の話を描く直接の続編。

 

しかし、しかしなぁ。

いくら名作だと、北米では一般教養だと思えども、

どんなに面白いからといわれようとも

スプラッタは、私向きではなかったと大反省。

 

そもそもからして、

暴力描写やグロテスクなものが苦手なのだった。

北野武監督のアウトレイジでさえ

いくつもの場面で耐え切れず目を覆っているような私は

その暴力を売りにしている映画を大画面で見せられて

もちろんまともに耐えられるはずもなく。

包丁が出てくる度に下を向き、横を向き。

 人が殴りつけられている音で気持ちが悪くなり

映画館で何度も何度も退席を考えたのは初めて。

痛みや恐怖を想像してしまっては

鬼気迫る緊迫感と恐怖に始終

胸を押さえつけられているような息苦しさを感じた。

 

ゆらゆらと不安定なメインテーマ、

ひたすら緊張感を強いてくる演出、

圧倒的に肉体的に強いブギーマンへの恐怖。

まるで自分がそこにいて、彼に追われているよう。

とにかく、ただただ

見つかれば死という分かりやすさ、

その痛々しさが恐ろしい。

 

そしてなにより 顔も見えず、声も発さず、

マスクの下でわずかに息を立てるだけの

マイケルの読み取れない思考と

目的に対する獣のような嗅覚と行動力。

その理不尽さにぞっとした。

 

今まではスプラッタもホラーも、

なんだか薄暗くて血みどろで悲鳴が聞こえて

どちらも同じような苦手なものと括っていたけれど

ホラーの方が私は断然耐えられる。

恐怖の種類がまったく違った。

痛みを想起される暴力への恐怖はもっと根源的なもの。

 

 

それにしてもこの映画のお陰で

不必要に政治的なことまで考えてしまった。

 

いくら精神病棟へ収監されているとはいえ

40年間もその復活におびえながら生きてきた

第一作目からのヒロインローリー。

犯罪の被害者にされてしまったことで

嫌がおうにも捩れてしまった彼女の人生を想像して、

死刑の賛否について少し考え直した。

 

元々私の死刑に対するスタンスはおそらく賛成派。

ただ正当な理由なく、あるいは過失でなく

他人へ重大な危害を加えた人物を国が殺すシステムに

違和感を感じたことはない、という程度の

しっかりと考えたことはないものだったけれど。

犯罪者の人権、被害者の人権、抑止力、

いろんな人が色々な方向からの意見を出し合い

喧々諤々しているのをまったく遠くから見ていた。

 

しかしこの映画を見、インターネットで

数人のシリアルキラーについての記事を読むに当たり

立ち居地としては同じでも、

その根拠が少し変わった気がする。

 

この世の中には善悪の区別見境なく

自分の他人に向ける暴力的な欲望を

コントロールできない人が一定数いると私は思う。

殺人を目的として殺人をする者、

何度も他人を傷つけても自分の利益や快楽の為

それをやめることの出来ないもの、

あるいは危害を与えたい特定の相手がいて

いつまでも虎視眈々とその機会を待っている者。

 

自分がそんな人々の被害者になったとして、

今の日本のいつかは出てこれてしまう短い刑期と

それすらも行い次第で短縮できてしまうシステム、

何より自然災害や人的災害、ミスなどで

いつ何時犯人がまた自分の前に現れるか分からない。

そんな状況では恐ろしくて恐ろしくて、

とても事件を乗り越えるどころではない。

日々もう一度襲われるシミュレーションをして

一日中まんじりともできなくって、

残りの何十年もの人生のほとんどを

どう身を守るか考えることに費やしてしまいそう。

それこそこの映画のローリーだ。

彼女はごりごりの攻撃型に転じていたけれど

結局は自分が殺されかけたというトラウマと

その元凶がまだ手の届く場所に生きている

という恐怖に支配されて、

沢山の手に入るはずだったものを失ってしまった。

ただでさえ辛い目にあって

それでも生きていかないといけない被害者に

それはひどい仕打ちだと思う。

 

そんな彼らにとっては、

加害者が死ぬ以外に

安心して生きていける方法はあるのだろうか。

 

あるいは自分がそんな加害者となったとしたら、

罪の意識、モラルが常人と違うのだったら、

あるいは分かっていても自分を止められないのならば、

それはパチンコ中毒やアルコール中毒

太ると分かっていても後一枚

クッキーとつまんでしまうことと

ちっとも変わりはない。

そんなの、出来ない間は我慢ができても

 チャンスが巡ってくればぶり返してしまう。

一種病気のようなもの。

けれど病人だからと許すことは出来ない。

治らない病気もあるのだから。

そんな場合にはもう殺される以外に

欲求を止める手立てはあるのだろうか。

 

というわけなので、

少数の人としての現代社会のモラルよりも

本人の野性が勝ってしまう一部のヒト為に

死刑制度はとっておかないといけないと思う。

 

逆に言えば私の考え方に則ると

たとえどんなに残虐極まりない行為をしても、

その標的が特定の人物であったり、

特定の反復しない理由に則ったものであり、

なおかつその目的が既に果たされ

その当人に再犯の可能性がない場合には

別にわざわざ殺す必要もないと思う。

その分無期懲役を本当の無期にし、

その間いかに彼らを有効活用するか

同じ非人道的な刑罰ならばそちらを考えた方が

もっとずっと社会貢献だと思う。

 

そうなるとその判断を担うだろう人々、

多分精神医学や心理学の先生などは

将来的には大きな負担がかかるだろうけれど。

 そういったことはどう緩和できるだろうか。

 

まあそんな感じ。

生まれて初めてスプラッタを見て

混乱している部分もまだあると思うので

死刑制度に関しては考えをもう少し研鑽したい。

 

それにしても怖いものが苦手なだけあって

きっと映画館で誰よりもホラーを満喫し、

人生で一番怖い思いをさせてもらったので、

やっぱりこのシリーズは名作なのだろうな

と思いました。

嫌いな人ほど味わえる皮肉。

胸が押しつぶされる様な恐怖を味わいたい人には

私の好みは置いておいて

ちっとも飽きないでずっと怖がれるので

張り切ってお勧めできるとても良い映画。

 

結論。

怪獣映画とスプラッタは

見るなら劇場で見たほうが面白い。

day 564: それはいわゆる総集編。

くもり、くもり、くもり。

空はすっかり真っ白。

ブログを更新しない間に誕生日を迎え、

あっちこっちへ旅行をし、

そしてついに2週間前、モンテレイには冬が来た。

 

地獄の様に蒸し暑いコンクリート盆地は

9月の後半から少しづつ心地の良い陽気に。

まだ涼しくはないけれど、冷房の要らない日が増えた。

しかしそんな楽園は長くは続かず、

10月10日頃に寒冷前線到来。

 

週末にかけて少し雨が降ったと思えば

夜の空気は雪の降る前日のように凍りつき、

あっという間に冬。本物の冬。

ああこれはまさしく冬将軍か、と

その猛進劇に白旗を上げて降参。

慌てて冬物と、暖房器具と、羽毛布団を引き釣り出す。

タイル張りの家はそれでも寒い。

 

去年は12月ごろに漸く寒くなったのだから

今年の歓談の変化は予想外。

今カシミヤのセーターを着ている私が

今月の9日にはキャミソール一枚で

大汗を描きながらピラミッドに登り

今なお真っ黒に焼けた方から脱皮をしているだなんて

誰が想像できるだろうか。

 

とまあそんなこんなで天気もぐずつき

それはそれは寒い日が続いているので

大人しくbreaking badと宇宙兄弟(アニメ)を見て

乗り切るのが得策と思う。

 

有名な麻薬ドラマBREAKING BADは

メキシコ西側国境地帯のNEW MEXICO州

ALBERQUERQUEが主な舞台。

国境の待ちEL PASOまで車で3時間ほどの町なので

生活や雰囲気、人に食べ物は北メキシコとほぼ同じ。

そもそも地名なども殆どスペイン語な上

スペイン語話者も多く出てくるので、

とても親近感のわく作品。

まだシーズン2なのでこれからが楽しみ。

 

宇宙兄弟テキサス州ヒューストンにある

国際宇宙センターNASAが主な舞台のひとつ。

連載当初にも途中まで読んで好きだったシリーズだけれど

こうして住環境が近くなってから見返すと

やはりよりずっと面白い。

さそりが出たり蛇が出たり、

サボテンしかない大地で干からびながら歩く気持ちも

ホットドッグばかり食べる人々も、

20秒しか美味しくないガムにも心当たりがある。

アニメも途中までしかないので、原作をまた読もうと思う。

そして近いうちにヒューストンへ見学へ行きたいし、

死ぬ前に一度はロケットの打ち上げを見に

サンフランシスコまで行ってみたい。

 

とまあ、砂漠ばかりで何もないように思える

カウボーイの土地北部メキシコに南部アメリカ。

けれど実際に暮らしてみればそこには

見たことのない沢山の動植物がいて、

日本では体験できないような生活がある。

 

だなんて、

チワワ出張で謎の蜘蛛に体中を噛まれ

文字通り風船のような手だとか、

膿の止まらない腕だとか

手のひら大の熱いしこりのお陰で

注射を2本打つまでに追い込まれた私が語るのだから

過酷で危険で生活はやっぱり厳しいけれど

想像の何倍もダイナミックな

それが魅惑の北メキシコ国境地帯。

 

 

day 502: 銀だら食べたい地獄

今回はずっとアニメの話。

 

近頃眠たくって仕様がない。

仕事が暇だからなのか、

うだる暑さで眠りが浅くなっているからか

あるいは漸く始めたウォーキングで体が疲れているのか

仕事中にうとうととして仕方がない。

 

つまりは出勤してから退勤するまで

仕事もせず、ブログを書く気力もなく

ぼっとしながらインターネットで

新しいレシピを漁るような一週間。

繁忙期の忙しさを考えたらトントンなので

仕事がない時期にはとことんだらけるつもりで

罪悪感などは微塵も感じていないけれど、

いかんせん何もしないというのは飽きる。

というわけでアニメを見るのである。

 

今期は面白いなぁとおもう。

1期を見ていた影響で

シュタインズゲート・ゼロ』を見る・

前シリーズがとっても綺麗に終わったので

今更続ける必要もないとは思うけれど、

前回敵側だった人々が味方側にいる今の展開は

分かっていてもやっぱり熱いよなぁ。

しかし一癖ある登場人物たちのコミカルな日常と

わくわくするひと夏の自由研究といった雰囲気が

後半一転して暗く悩ましいシリアスに転落する

このベタだけれど見事にひきつける展開は

はじめから重さを伴った今回のシリーズでは出来ず。

前回のような傑作にここから持っていけるのなぁ。

原作のゲームはやったことがないので

とりあえず最終回まで見てみるつもり。

 

あとは原作が好きな『ハネばど!』を視聴。

絵柄やキャラクターの動き、話し方は愛らしいのに

ちっとも可愛くないスポコンアニメ。

スポーツマンシップすら一部にしかない。

格好良いし、動きがとても良い。

こんなクオリティはなかなか保てないだろうと

宣伝を見ていたころは思っていたけれど

8話時点でまだまだとてもよく動く。

登場人物たちの汚い欲とプライド、弱さなど

他人のマイナスな感情のむき出しに癒される。

体育館の音を聞くことで学生時代が思い出されるのも

見ていて楽しいと思える部分。

 

ついでにハネばとに感化され何故か思い出した

BLACK LAGOON』も3シリーズ通して

何年か振りの再視聴。

去年は映画『この世界の片隅に』が流行り

片淵須直監督の名前を聞く度に見よう見ようと思い

一年ぶりに漸く重い腰をあげる。

タイの架空の港湾都市を舞台に

世界中のマフィアや後ろ暗い人々が暴れる

なんだかとても印象に残っていたアニメ。

ちっとも内容は覚えていなかったので

爽快アクションだったかしらと 軽い気持ちでいたら

非常にくらーく、おもーく、血みどろで

陰惨で凄惨ないやーな感じの作品。

とってもはまりました。

ひさびさに痺れる。

 

マフィア怖いし、ギャングも怖いし、

偽札の甲斐で登場したヌエボラレド・カルテル

のモデルは恐らく今のカルテル・デル・ゴルフォ。

(万が一の為スペイン語で名前を書きたくない)

本拠地のひとつのヌエボラレドは、

我が家の目の前の国道を2時間北上すれば到着、

とってもご近所さんの実在するマフィア。

作品の中では大したことなく書かれていたけれど

実際にはかなり勢力の大きな派閥のひとつ。

 

今までモンテレイでは悪い人々の加害を

直接的に見ることがなかったので

自分のおかれている状況の危うさを

ちっとも実感してこなかったけれど、

このアニメに出てくる非常に理不尽な

暴力や人間関係と遠からぬことが

生活圏内で行われているんだなと想像したら、

なんだか非常に薄ら寒い様な気持ちに。

マフィアのいる国でマフィアアニメは

心の底から楽しんでは見れないわね。

 

とはいえ作品自体は非常に面白いので、

バラライカ見たさにテレビシリーズを、

エダ見たさにOVAをリピートする。

 原作の漫画も未だにゆっくりと連載中なので

また生涯の楽しみが出来たと喜ぶ。

 

 

さて、お弁当に作った

CHICHARRON EN SALSA VERDEが

メキシコ人にもほめられ嬉しかったので、

近いうちにレシピをあげたいと思う。

day 485: 思い出をレシピする。

食べ物紀行の今週末。

 

日本食の金曜日。

所長と先輩とひさびさの飲み会。

半期お疲れ様会。

モンテレイで一番長い日本料理屋さん

大和へ連れて行ってもらう。

日本味の日本料理屋さんの中では

比較的リーズナブルな方だということで

散々飲み食いさせて頂きました。

生魚はいつ食べてもやっぱり美味しい。

 

そのあとは近くのホテルのバーにて飲み直し。

夜景のとっても綺麗なテラスバー。

人は多かったけれどそれでも落ち着いた雰囲気で

風と景色が心地よい。

学生のころに比べて人格もかなり落ち着いたのか

ひねくれなくても自分を確立できるようになり

定番のものに喜んだり感動したり出来る最近。

やっぱり夜景は綺麗だと思う。

 

台湾料理の土曜日。

二日酔いの朝だが遠方よりお友達が来るので

珍しくきちんとした時間に起きる。

今日は会社の通訳さんも一緒。

 

朝から日本風のパン屋さん、日本食材店、

大型スーパーのCOSTCOやSAM´S CLUB

に連れて行ってもらい、普段買えない物を買っておく。

SAM´S CLUBではアルミの寸胴が

800ペソ(5000円くらい)だったので

ついついの衝動買い。

プロっぽくってかっこいい。

 

そして本日のメインは台湾料理

 先日同様TAIWAN DIM SUMにて

机の上を料理でいっぱいにする。

普段だったら絶対に食べきれない量も

偶の中華なら迷わずぺろりと平らげる。

温かい烏龍茶が美味しかった。

ご馳走様でした。

 

スペイン料理の日曜日。

 外食が続いたので、一人の休日は

ひさしぶりに手の込んだ料理でも。

丁度一週間も放置してしまった

カッチカチのフランスパンがあったので

MIGAS ANDALUZASを作る。

 レシピも作成中。

 

湿気の多い日本では食べ物が駄目になるといえば

大抵カビが生えることを意味するけれど

バルセロナでもモンテレイでも

比較的乾燥したこちらの環境では

うかうかしていると食べ物は全て干からびる。

パンだって例外ではなく

2,3日もあればバット並みの硬度になる。

そんな環境の国で生まれた

食べ物を粗末にしない伝統料理。

 

材料も調理も実にシンプル。

チョリソにハム、にんにく、オリーブなど

スペインの一般家庭の常備食を

切って炒めて食べるだけ。

しかしそれを半日かけて丁寧に作る。

だから特別な時の心の篭った料理。

 

煮込み料理のように長時間放って置けず

2,3時間ずっとちょこちょこと手がかかる。

そんな面倒がかかるからこそ

 

調理中もなんだか特別な気分になってきて

特別な日の特別な料理を誰かと囲むことを

待ちわびる時間は長いほど楽しい。

伝統的に他の人と交代をしながら

みんなでご飯を作るのも良い。

誰にでも出来る作業なので、

家族中でわいわい参加して作るのも楽しい。

 

それから私がMIGASを作るたびに

お正月に具材ごとに分けてきちんと丁寧に

お煮しめを煮ていた母の姿を思い出す。

年の瀬の特別な雰囲気の中

ばたばたしていても手間をかけていた。

特別なときは特別に過ごして、

きちんとしたものを食べさせてもらった。

大切に育ててもらったなと思う。

 

 

おまけにインド料理?の月曜日。

折角の新品の寸胴を使い、

暫く食べていなかったカレー作り。

 

ルーは帰国時に友人から頂いた

成城石井の粉末状になったものを使用。

通常の固形ルーよりなじみやすいし

何より量の調整がとても楽なので

一人暮らしの少量カレーに最適。

具材は冷蔵庫のあまり者。

今回は杏仁豆腐様にと購入し

ゼラチンがなかったのでそのまま忘れていた

アーモンドミルクも折角だから使ってみる。

セロリとアーモンドのチキンカレー。

(あとでレシピ載せます)

 

完全に思いつきで

ココナツミルクと同じようなものだろうと

味見もせずに加えてみたけれど、 

ココナツほどの癖やしつこさがなく、

香りの高いセロリともとてもあっていた。

新しい食材、アーモンドミルク。

もう少し使い道を模索してみたい。

day 480: 判定されたがりの人生。

あっという間に今年も八月。

流石に年始は遠く感じるけれど

5月頃などはつい一週間前のように感じる。

 

そしてこの暑さの盛りに

自宅唯一のクーラーが故障する。

すぐに大家さんに業者の人を呼んでもらうも

結局修理のためのパーツが足りないらしく

快適な生活までは3日間のお預け。

36度の熱帯夜は氷枕があっても寝苦しく

昨夜までは居間に布団を敷き窓全開で眠る。

日本よりは少し湿度が低いので

だらだらとまでは汗をかかないものの

体にまとわりつく熱気を前に安全など省みれない。

 

海に囲まれた日本は世界有数の湿気大国。

私の生まれ育った海の少ない東京でも

冬場には50~60%、夏には65~80%越えの

高い湿度が年間を通して観測されている。

(2015~2018アメダスの記録より)

そりゃあ少し動けば汗もかき、

熱帯夜だって深刻な問題になる。

 

これに比べるとモンテレイの湿度は

年間を通して60~75%ほどだけれど

一日の中での変動が大きいようで、

この季節にも明け方頃には湿度は30%ほど。 

薄ら寒くて目が覚める。

 (whether atlasからの情報)

 

メキシコの面白いところはこれからで

仕事で色々な空港に降りる度、

肌でその気候の違いをはっきりと感じる。

 

カンクンのビーチで有名な南のユカタン半島

海に囲まれているだけあって年間通して

湿度は80%から100%をキープするとか。

南国では働き者は育たないわけだ。

ハンモックが必需品なのも当然。

 

対して首都メキシコシティは乾燥地帯。

富士山五合目より少し低い標高2250mに位置しており

メキシコ到着後の初めての夜には

乾燥で喉が張り付いて驚いて目が覚めたほど。

リップクリームも塗った端から乾いてしまう。

その分日陰は涼しく一年中長袖が必要な土地。

年間湿度はほぼ0%で横ばい。

 

などなど、この広い国土を車で2,3時間も走れば

見える景色も、感じる空気もくるくる変わる。

流石世界で一番多くの気候帯を持っている国。

一年中夏のジャングルのような地域と同時に

北部チワワの山岳地帯は一年中氷点下。

 

地球の気候を2~30個ほどに分類した

ケッペンの気候区分で見るとこんな感じ。

今回のパターンではメキシコは14もの気候に当てはめられている。

どんな植物が生えているかを大きな目安として

この分類は決められているらしいけれど

それもメキシコの土地をドライブしてみると納得できる。

気候が違えば土地を覆う植物も、それに基づく人々の生活も

目に見えて大きく変わる。

 

モンテレイはステップ気候BShにあてはまるので

・乾燥地帯

・砂漠よりは降水量が多い

・年間平均気温は摂氏18度以上

・丈の短い草原が多く牧畜向き

なるほどと思う。

乾燥している中では雨量は多く、土地もそこそこ肥沃。

樹木の育成には適さないらしいけれど

山がある分例外なのかしら。

 

などと、ただ熱いのも癪なので

暇にかまけてアカデミックに暑さをしのぐ。

まだまだ見たことのないメキシコばかり。

 

メキシコにあるもの・ないもの

私がメキシコに来る前に知っておきたかった

何をもってくればいいのか、ということ。

結構いらないものも持ってきてしまったので

色々な意見があるけれど私としてはこんなところ。

31/07/2018更新。

 

【持ってきて助かったもの】

 

・生活篇

保冷材/氷枕

 モンテレイの夏の必需品。乾燥地帯は要らない。

替えの充電器(携帯用)

 メキシコのものは品質が悪いので、

 日本で信頼のおけるものを予備に買っておくと楽。

書籍

 日本語のものは友人に借りるくらいしか手に入らない。

リップクリーム

 私はこだわりがあったので。

 日本の様に美容を意識したのは少ない。

調理器具

 ちょっと便利なものや気が利いたものは手に入りづらい。

 日本独特のものも入手が大変。

 私はおろし金とよく切れる包丁。

冷蔵庫脱臭用品

 あまり売っていない。

サングラス

 日差しが強いので日中空港についた瞬間から必要。

 手荷物で持っていたほうが良い。

折り畳み傘

 軽くて小さい日本のものは重宝。

 お土産としても喜ばれる。

 絆創膏

 売っているが品質が良くない。

 耐水性や絵柄つきはまだ売っていない。

常備薬

 メキシコのものは日本より強かったり

 用法が分からずいざというときに困ったりするので

 胃薬、下痢止め、頭痛薬などは持っていたほうがいいかも。

 ただし輸入量制限に注意。

 

・仕事篇

名刺入れ

 メキシコでは全然売っていない。

書きやすいボールペン(JETSTREAM)

 安かろう悪かろうか高級品化の二択なので

 日本の500~1000円くらいのものは便利。

 もちろん替え芯も必須。

便箋・綺麗な封筒

 何故か売っていない。

スケジュール帳

 売っているが種類が少ない。

 こだわりのある人は。

 

【いらなかったもの】

 

・生活篇

日本食材(調味料、食材含む)

 主要都市には日本食材屋さんがあるので大抵揃う。

 TOYO FOODSのある町の人は心配無用。

 醤油、のりなどは普通のスーパーでも買える。

 ただし日本より値段は高め。

変圧器

 日本の家電を使わないなら要らない。

 ドライアーなどちょっとしたものは直で問題なし。

 

・仕事篇

スーツ

 現地採用は大抵必要ない。

 制服かオフィスカジュアル、カジュアルが多い。